日刊レーニン70号(8月11日)

    100 年前の本日。ケレンスキーはコルニーロフから突きつけられたコルニーロフ綱領を原則として採用せざるを得なかった。コルニーロフ綱領とは、後方への死刑の復活、コミサール権限の制限、「有害な」軍隊委員の裁判、前線での兵士集会の禁止、軍隊内での新聞発行の制限、すべての「有害分子」の予備部隊からの追放、革命的部隊の解体、工場と鉄道の軍隊化、ペトログラート軍管区と首都守備軍の大本営への従属などだった。カデット閣僚も辞任の脅しでケレンスキーにコルニーロフ綱領の採択を迫った。さらに、ケレンスキーは憲法制定会議の選挙日を 11 月 12 日、招集日を同月 28 日に定め、明日から開催されるモスクワでの国家会議の構成を決定した。    他方、コルニーロフはこの間、8月 12 日のモスクワ国家会議開催までに首都を包囲しようと、部隊の移動を策動していた。カフカース「獰猛」師団、カフカース・カザーク第 5師団など騎兵第3軍団に首都への移動を命令したほか、突撃隊、ゲオルギー歩兵旅団、「決死隊」などを動員・組織し、クーデター部隊となることを期待していた。

日刊レーニン69号(8月7日)

 100 年前の本日。ペトログラート・ソビエト労働者部会は死刑廃止の要求を決議した。これは、これはコルニーロフ、資本家階級への反撃であった。ブルジョアジーは8月初めから地主や資本家の全国大会、地方コミサール大会、カザーク軍連盟評議会、陸海軍将校連盟中央委員会、ゲオルギー騎兵連盟評議会、「社会活動家会議」、全ロシア宗教会議などの反革命的諸会議が次々と行われた。ブルジョアジーや地主などの有産諸階級は、彼らの最大の希望を託す英雄的人物にコルニーロフを祭りあげた。コルニーロフも自分が「救う」使命を帯びていると本気で考えていた。7月末にコルニーロフはヂェニーキンに、政府内部から自分が入閣が提案されていると語ったとき、「とんでもない!あの連中はソビエトと結びつきすぎている…私は彼らに言ってやった、私に権力を任せ給え。そうすれば断固とした闘いを進める」と言い切った 。
 コルニーロフと労働者・兵士の間では、戦争問題、そして兵士内での指導権をソビエトか反革命かどちらがとるのかという問題として死刑問題が鋭角的に問題になっていた。

8/30~31全学連大会へ!全学連からのアピール⑤

8月30日、31日に開催される全学連第78回定期全国大会への参加を呼びかける全学連のアピール第5弾です。

【要項】
8月30日(水)~31日(木)※30日は10時開会
浜町区民館(東京都中央区日本橋浜町3-37-1)にて
参加費1000円(2日間)

全日本学生自治会総連合(斎藤郁真委員長)
【メール】mail_cn001@zengakuren.jp
【HP】http://www.zengakuren.jp/
【電話】03-3651-4861

詳しい要項はコチラ→http://www.zengakuren.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/2f741756fe68fd4b7265c178238c07af.pdf

8/30~31全学連大会へ!全学連からのアピール④

8月30日、31日に開催される全学連第78回定期全国大会への参加を呼びかける全学連のアピール第4弾です。

【要項】
8月30日(水)~31日(木)※30日は10時開会
浜町区民館(東京都中央区日本橋浜町3-37-1)にて
参加費1000円(2日間)

全日本学生自治会総連合(斎藤郁真委員長)
【メール】mail_cn001@zengakuren.jp
【HP】http://www.zengakuren.jp/
【電話】03-3651-4861

詳しい要項はコチラ→http://www.zengakuren.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/2f741756fe68fd4b7265c178238c07af.pdf