速報! 織田委員長ブラジル報告―その⑨ (コンルータス インターシンディカル統一大会写真報告)

コンルータス(全国闘争連盟)とインターシンディカル(シンディカルは「組合」の意)の統合大会の写真をアップします。大会詳細はのちほど。

“速報! 織田委員長ブラジル報告―その⑨ (コンルータス インターシンディカル統一大会写真報告)” の続きを読む

全学連現地行動隊 三里塚現地近況報告

全学連現地行動隊より、三里塚現地の近況報告です。
いよいよ明日(8日)が市東さんと現闘の仲間の勾留満期です。何としても不起訴
奪還を勝ち取ろう!
今日は反対同盟と反対同盟弁護団が成田市役所の記者クラブにて記者会見を行い
、改めて団結街道閉鎖と市東さん逮捕の不当性を暴露し、抗議の意志と戦闘宣言
を叩きつけました。
記者会見と並行して、京成成田駅前では街頭宣伝を行い、わずか2時間で600枚以
上のビラを撒ききりました。圧倒的に注目は集まっています。
街宣をやっている時に、成田市副市長・片山(こいつは、国交省の天下りで、空港
問題を担当している、三里塚闘争破壊・市東さん不当逮捕の下手人だ!)が通りか
かり、現闘の仲間の追及に「(市東さん不当逮捕は)私の責任ではない、関係ない
」と居直って、逃げ去るということがありました。ふざけるな! 絶対に許せない!!
日帝の破綻した空港政策をなんとか取り繕うためだけに、団結街道を空港会社に
売り渡し(しかも不動産査定額の2割という破格の額で!)、隣接地権者(市東さん
自身だ!)の承諾書なしに廃道化を押し進めているのは成田市自身ではないか! 市
東さんの営農や生活よりも、空港建設を優先する成田市に、今回の不当逮捕の一
切の責任がある! 国家権力、裁判所、空港会社も同罪だ!
必ず市東さんを我々の手に取り戻し、労働者と農民、学生の団結で、腐りきった
権力・資本を打倒しよう!
なお、団結街道は今現在も健在です。断固守りきっています。
しかし、成田市は本当に急ピッチで空港会社への払い下げを進めており、今週後
半にもその手続きが完了すると言われています。何としても団結街道廃止を実力
で阻止するために、一旦知らせがあれば全力で駆けつけてください!

速報! 織田委員長ブラジル報告―その⑤(コンルータス大会 2日目)

 

 現地時間6月4日、コンルータス大会2日目が昨日に引き続き開催され、大会に提出された様々な動議の採択が行われた。動労千葉が提出した「新自由主義と対決し、国鉄1047名解雇撤回、民営化・外注化反対して闘おう」と11月集会の結集をよびかけた動議も採択された! 午前、午後の合間に行われた分科会では、動労千葉はコンルータスの最大党派であるPSTU(統一社会主義労働者党)からロングインタビューを受けた。さらに全学連もサンパウロ大学占拠闘争を闘った学生と交流。動労千葉・全学連の注目度はものすごく高い。「動労千葉の発言の原稿はないか」など3日の発言を聞いて言い寄ってくる人もいる。 

“速報! 織田委員長ブラジル報告―その⑤(コンルータス大会 2日目)” の続きを読む

速報! 織田委員長ブラジル報告―その③

 ようやく二日目終わりました。
 朝から昨日の照岡さんの発言の成功を感じます。
 同じバスの学生が「動労千葉のこともっと知りたい」と話し掛けてきたり、会場
前でも記念撮影やインタビューで大忙し。
 明確に違う何かを感じて我々を注目しています。これは、書ききれないので帰ってから。
 明日のANELでの全学連発言が何を生み出すのか楽しみです。
 コンルータス大会では動労千葉の1047闘争に関する動議が通りました。すごいこ
とです。ブラジルの労働者も獲得できる。大集会への決定的な追い風です。
 大会の雰囲気は、コンルータスの苦闘がよくわかりました。そして、クレア・キーティング(カリフォルニア大学バークレイ校)にようやく会えました。面白い人ですね。こんな人が立ち上がっていることは重大な意味がある。
 明日の統一大会にむかって一言。 学生が参加するのかという論議。学生と労働者が連帯する意味が問われている。これは我々によく聞かれる質問です。
 新たな組合は「階級的労働運動センター」という名で明日提起されることになり
ました。