ようこそ全学連へ!

全学連は、新自由主義の下で「商品」に貶められた学生や教育の主体・誇りを取り戻すために、学生が団結して闘っています。

全学連とは

全学連について紹介しています。全学連に興味のある方・共に活動したい方は必見

執行体制

全学連執行部を紹介しています。人柄やアピールもありますので、ぜひ全学連を身近に感じてください。

討議資料

全学連の主要な会議で使用した議案等を掲載しています。大学問題・社会問題に関する学習や討議の際にご使用ください。

『前進チャンネル』・その他動画

全学連の活動を撮影した動画や、全学連が『前進』を紹介する超人気YouTubeチャンネルの『前進チャンネル』等を掲載しています。

最近の投稿

全学連が最近発行したビラ等です。

1/13三里塚旗開きでの高原委員長アピール

 三里塚空港反対同盟の旗開きに結集された皆さん、お疲れ様です。
 全学連委員長の高原恭平の方から新年のあいさつと全学連としての決意を述べさせてもらいます。
 2019年に入りましたが、今年も昨年に引き続く決戦の年だと思います。資本主義の断末魔としての新自由主義、それすらも崩壊する中で、帝国主義権力の側は、本当にちゃんちゃらおかしな攻撃に打って出ています。
 昨年の国会では、「働き方改革」の法案や入管難民法の改悪、さらには、水道の民営化などが強化採決されました。
 資本主義がいきずまり、その打開策である新自由主義すら崩壊していく、むしろ新自由主義が社会そのものを崩壊させていく、その中で権力者は自らの権益を守るために、無茶苦茶な攻撃を仕掛けて来ています。
 今年は4月統一地方選挙を経て、5月1日には天皇代替わりという、メーデーに向けた大反革命が行われます。さらに2020年には、いよいよオリンピックに向け、東京を中心に国家主義・愛国主義・排外主義の扇動の嵐がどんどん吹き荒れています。
 そして、全体を貫く問題は何といっても改憲と戦争の問題です。安倍首相は昨年の臨時国会での改憲発議を狙っていましたが、労働者階級の闘いによって、断念に追い込むことができました。
しかし、安倍はまだ諦めていません。今年の通常国会、あるいは7月の衆参同日選挙で、今年中の国会発議、国民投票を狙っています。
 今年は改憲と戦争の問題に全面的にたち向かわなければならない決戦の年であります。
 この中で、私たち全学連は、全学連の先輩でもある。洞口ともこさんを、4月の杉並区議選に推し立てて絶対に勝利します。そして5月1日のメーデーには、天皇代替わりという一大反革命を打ち破り、労働者階級の力で5月1日を帝国主義の祝日ではなく、労働者の祝日として断固勝ち取ります。
 重要なのは戦争をめぐる問題です。昨年12月20日の三里塚での不当極まりない判決がでました、この判決の確信は何かといえば、帝国主義の利益を、国益とか公共性という言葉で、さも公共の利益のように装う事、それが昨年12月の不当判決の核心だと思っています。そういう意味で言えば、今安倍政権が散々宣伝している自衛戦争なるもののイデオロギーと全く同一です。その中で、日本共産党をはじめとする、既成左派は、「自衛戦争賛成」と、この自衛戦争は「国民全体の利益のためだ」と、自衛戦争賛成に屈服して、安倍の帝国主義戦争の先兵になっているではありませんか、私たちは、昨年の不当判決を徹底弾劾すると共に、この帝国主義の利益、ブルジョワジーの利益を、さも公共の利益とか、国民の利益という言葉で欺くような自衛戦争に対しても反対を貫いていく、帝国主義戦争を革命に転化していく、そういう立場で闘っていきたいと思います。
もちろん、私たちの力は、まだまだ決して強くはありません。しかし、レーニン率いるボリシェヴィキだって最初から力があったわけではありません。2月革命を経て、4月テーゼによって、「臨時政府打倒」、「すべての権力をソヴィエトへ」と、そういう方針を打ち出して、それがまさに労働者階級の熱意と帝国主義戦争の情勢ががっちりかみ合ったからこそ、この主体的取り組みと客観的情勢がかみ合ったあらこそ、あの10月革命が実現できたわけです。
私たちも資本主義が断末魔をあげるという客観的情勢にかみ合うような主体的取り組み、それはやはり、三里塚における実力阻止闘争であり、あるいは動労千葉を先頭にした労働運動と一体となった学生運動の大高揚です。
新自由主義がもたらした教育を中心とする社会の全面崩壊という客観情勢に、合致するような主体的取り組みを通して、今の社会の崩壊や帝国主義戦争を、労働者階級が主人公となる民衆が主人公となる社会の建設に向かっていく、そういう決意で今年2019年を闘い抜いていきたいと思います。
今年の改憲・戦争阻止の闘いに向かって、皆さん共に頑張りましょう。

獄中の学生からのメッセージ②

京都大学同学会書記長 阿津良典くん

 階級社会の廃絶を願うみなさんの参考のためにも、僕からは最近の生活状況をお知らせします。

 第一に、同じことの繰り返しでとても暇です。この独房の中では、一日に30分しか立ったり動いたりすることが許されず、あとは壁の方を向いて一日中座っていないといけません。自由に筋トレも体操もできず、日が出て沈むまで座り続けるわけです。急に悟りをひらく人が現れてもおかしくはありません。7時に起こされ、夜9時に強制的に就寝させられるまで、考えついたアイデアを行動に移せず、知りたいことがあっても資料を手に取ることもできません。

 第二に、生活環境が非常に劣悪です。独房は風の無い屋外と同じです。冬の京都で毎日キャンプをしているようなものです。畳2畳程度の小部屋は窓を開けても閉めても寒いです。座っているすぐ隣1メートルには剥き出しの便器が設置されています。

 第三に、不自由です。秋には風呂・シャワーは火曜日と金曜日だけ。15分しかお湯を使えません。毎日風呂上りにはパックをすることを楽しみにし、逮捕時には化粧水3種類、乳液2本、パック2つ、美容液1本をリュックサックに入れて持ち歩いていた僕としては本当に許せない! 肌にはニベアクリームしかつけられず、サプリメントもプロテインも摂取できません。
 食事は学校給食の縮小版です。なぜかいつもドロドロですが、味は悪くありません。が、椎茸がやたらと入っています。クリームシチューに大量の椎茸が入っていたときは社会変革の必要性を強く感じました。配食後10分もしない内にもう容器回収があり、これに遅れると注意されます。台ふきんは一日の使用量が決まっており、トイレの横には「節水」という張り紙。30分おきに監視があり、それは夜9時の就寝後も同様です。
 僕が楽しみにしているのは小説を読むことです。週に3回だけ小説を保管書庫から選んで読むことができます。他の時間は差し入れてもらった本を読んでいます。拘置所は哲学には適した環境でしょう。僕は数字の「2」が実はとても美しいことを発見し、興奮しました。

 最後に、監獄生活が始まって気がついたことを紹介します。それは、THERMOSの魔法瓶(お湯の配給時に使う)が非常に優秀だということです。
 拘置所の職員や看守にやる気や向上心はほとんどありません。そして、これほどまでに多大な労力と税金を使い、僕からいろいろなものを奪っている国家システムは、人間を更生させる要素を一切持っていません。それは、リピーターを再生産しまくっている拘置施設の状況を見れば一目瞭然です(8割くらいがリピーターです)。捕まえて監禁し、精進生活を強制したところで、問題は外の社会にあるのですから、犯罪を繰り返しておしまいだということです。

 人類社会の発展にもはや合っていない法体系と、それを無理に守らせようとする警察。警察や司法から受ける弾圧のリスクをビジネスにする暴力の代行人やドラッグのディーラー。他方で、拘置所で会う人は気さくな人や純粋な人が多いように感じます。そしてみな外の世界に存在する不幸や暴力を信じています。
 社会を変えましょう。

獄中の学生からのメッセージ①

全学連 吉田耕くん

 京都拘置所からHAPPY NEW YEAR! 年が明けましたね。みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。今回の逮捕において、私たちの釈放に向けて動いてくれているみなさん、そして「こんな逮捕はおかしい」と感じてくれているみなさんへ。勾留理由開示公判に来てくれたり、差し入れをくれたり、その他いろいろ……そういう、ひとつひとつに励まされています。どうもありがとうございます。
 「大学でビラをまいたこと」を建造物侵入だとして、京都大学当局は私を含めた3人の学生を逮捕させています。「大学でビラをまいたら逮捕!?」と、驚く方も多いのではないでしょうか。しかし、これが京大、そして日本の大学で起きている現実です。
 2004年の”国立大学法人化”以降、日本の大学は大きく変化してきました。大企業や財閥の役員が構成員の過半数を占める経営協議会が、大学の教授たちから成る教授会よりも大きな力を持ち、大学運営を行うようになりました。国から大学への補助金は毎年減らされ(学費高騰の原因にもなっている)、反対に、政府や大企業の意向に添った大学の動きや研究にはお金がまわるようになっています。
 こうした中で、大学は国策遂行と大企業の役員等、ひとにぎりの人間による利益追求、金もうけのための機関になっています。スムーズな国策遂行と金もうけを行うにあたり、学内の抵抗の芽…自治を一掃するべく、京大はこの間、様々な「弾圧」に着手しています。
 学生と大学が交渉し、話し合う場だった情報公開連絡会や団体交渉の打ち切り。自治寮の廃寮策動。立て看板規制やビラ回収などの表現規制。そして、こうした大学の動きに抗議する学生への職員による暴行、大学当局による呼び出しや停学・退学処分の乱発。そして、今回のような逆らう人間への逮捕。
 しかし、こうした激しい弾圧の裏には、学生達の力に対する大学当局の恐怖があります。キャンパスから学生達が立ち上がった時の力強さを彼らはよくわかっているのです。京大生も、市民も、この目の前で繰り広げられる不条理に違和感を持ち、考え、行動を始めています。
 戦後の学生自治は、第二次大戦での大学の国策追従、積極的な軍事協力と、その結果起こった悲劇への反省からつくられ、発展してきました。大学の中で、目の前のことについて、社会について、そして自分の生き方について……日々議論がされ、ある時は実際に行動して未来を切り開いていく。そういう人々の営みです。国策に追従し、大企業の利益・金儲けを優先させ、自治破壊、反戦運動潰しを進める大学の問題は、改憲と戦争、非正規職拡大などの一部の人間の金儲けのために労働者が切り捨てられる、この社会そのものの不条理をも問う問題です。京大周辺では、数ある目の前の不条理に多様な人々が声をあげていますが、キャンパスでのあらゆる不条理は、突き詰めていけばこの社会を根本から問うモノになります。あらゆる人々と結びつき、議論し、よりラディカルに発展していく豊かな運動を、今回の逮捕も糧にしてつくることが、京大当局の弾圧への一番の反撃です。
 反撃って良いものです。右のほほをぶたれたら、みぞおちに強烈なのを喰らわせてやりましょう。弾圧で1人逮捕されたら100人と結びつきましょう。どんどん広がり、深まる、わくわくする運動をつくりましょう。
 その第一歩として、まずは同時期に逮捕されたカルロス・ゴーンより先に出たいですね。団結してがんばろう。うし。