11月25日暴処法裁判での織田委員長の冒頭意見陳述

冒頭意見

2010年11月25日

被告人 織田陽介

(0)改めて。検察の立証が完全に破綻した本裁判が、未だに継続され、我々が被告席に座らされていることを怒りをもって弾劾する。

◎118人の逮捕、33人の起訴。この数だけでも政治弾圧であることは疑いがない。起きているのは一般的な「犯罪」と「逮捕」ではなく、闘争と弾圧である。

検察側立証が、大量の証人の却下という形で大破綻に終わった。もはや「過激派」など我々の思想と闘争を持ち出して事件性をでっち上げることは無駄というものだ。検察側証人が、直接の目撃者ではなく、監視カメラの粗雑な映像を判断させることに目的があるという、裁判としても論外の立証であることは言うまでもない。しかし問題は、政治弾圧という性格に規定されて、検察側証人は「中立」な人物ではなく、弾圧主体たる公安警察と法大職員、弾圧に屈した玉聞という、つまり我々への憎悪をもって証人として登場していることであって、こうした連中の主観的な人定のみが検察の「立証」ならば、いますぐこの裁判は打ち切られなければならないのである。

◎前回の関東学院大学・宮本氏の証言によって、いかに検察側の主張がずさんであるかが改めてハッキリした。本裁判が政治弾圧である以上、法律の構成要件を満たしたことをもって罰しようという裁判では到底なく、弾圧をするためにいかなる法律とストーリーが必要なのかという観点で裁判が始まる。内乱罪や革命罪が、成立したときには罰する権力そのものが倒壊しているという事実関係からして、成立する前に革命を予防する法律として発動せざるを得ないことから見ても、それは明らかであって、検察側の破綻は法律学上不可避なのである。

◎しかし、我々はただ政治弾圧のみが目的である裁判を受けてたって闘っている以上、検察側立証がどんなに破綻をしても、もしくは、被告人を8カ月半獄に繋ぐという自らの過ちが、被告人による獄中闘争という言わば、怒りをもって耐え抜き、乗り越えるという、生身の人間の闘争による弾劾をうけている現実を前にしても、恥とも思わない法律学者諸君をただ説得するという立場には立たない。法廷の外、現実の闘争と一体で、この国家権力そのものの打倒を目的として本裁判を闘うことを改めて確認したい。

“11月25日暴処法裁判での織田委員長の冒頭意見陳述” の続きを読む

織田委員長の大会まとめ

方針は非常に鮮明だと思います。僕たち学生が団結して大恐慌に立ち向かう、このことを真正面から学生に訴えよう。

第一に、11月7日に必ず1万人集会を実現しよう。ここに、僕らがまず本気になることが核心だと思います。

一つはこの社会への怒り、もしくは菅政権の政策への怒りを自分たちの言葉で真剣に訴えよう。いま、首切りだとか、増税だとか、大学の予算が削減されるとか、そういう問題がある。これが「国家がつぶれたらどうするんだ」という話になっている。しかしそもそもこんな議論そのものがおかしい。なんでこうなったのかっていう議論がまったくされていない。なんで国家がこんなに破産したのか、誰の責任なのか、この赤字つくったのは一体誰なのか。こうした論議がまったくされてないじゃないか。赤字は自民党がめちゃめちゃにつくったじゃない。自分が選挙通るために、自分の地元に新幹線とか引いてさ、めちゃめちゃに財政使ってボロ儲けやってきたでしょ。こんなことやってきた奴が最後責任とれなくなってバンバン辞めてさ、今もう自民党は解体状況。責任もとってない。銀行をバンバン救済してさ、銀行はこの何年も1円も税金払ってないんだよ。そんな奴らに何千万、何億って投資したあげくに、いま大増税だって。銀行の奴らは何してたんですか。金が金を生むような金融工学だ何だって、バブルつくったあげくに全部破産、それで今大恐慌になっているわけじゃないか。それで大失業。一体、こういう財政破綻が誰のせいで行われたのかを、我々はもう一回はっきりさせるべきですよ。この議論も何もされずにね、「国家がギリシャのようになったらどうするんだ」って、こんなこと言われたって納得できるかっていうことだと思うんだよね。何が927億円の削減だ、ふざけんなってね。我々は率直にいま行われている現実に対して、自分の思いを、自分の言葉を、学生に投げかけて、11月集会に向かって組織化を開始したいと思っています。

“織田委員長の大会まとめ” の続きを読む

全国学生は全学連大会へ! 参加者から訴え!

PDF版のダウンロードこちら

●法大1年生

全国学友の皆さん、自分は法大一年生として今年の全学連大会への結集を呼びかけます。

時代は激動の時代です。
学生は政治と主体性を奪われ、大学は本来の機能を失い、戦争の足音がこの国の内外から響いてきています。
未来を担う学生が、未来を壊される。
自分の所属する法政学生では自治的な公空間である筈のキャンパス内に公安警察が突入し、大量の学生が不当逮捕されました。

“全国学生は全学連大会へ! 参加者から訴え!” の続きを読む

全学連大会へ大結集を!〈大会招請状〉

招 請 状

法大闘争勝利! 「教育の民営化」と闘う国際的団結を!
全国の学友は、全学連第71回定期全国大会に集まろう!

2010年7月15日 全学連中央執行委員会(織田陽介委員長)

全国学友のみなさん! 全学連中央執行委員会は9月9~10日に開催する全学連第71回定期全国大会への結集を訴えます。

7月11日の参院選において、菅・民主党政権への怒りが爆発しました。「国家の危機を救え」というかけ声のもと、あらゆる矛盾が学生・労働者に押しつけられることへの反乱です。「議会制民主主義」の枠をこえ、団結と行動が社会を変える大激動の時代です。歴史を切り開く力は青年と学生の中にあります。300万学生の団結をつくるため、今次大会に集まろう!  “全学連大会へ大結集を!〈大会招請状〉” の続きを読む

5・16沖縄学生集会での織田委員長の基調

2010年-安保改定50年、ペテン的「返還」38年のオキナワ闘争
帝国主義を打倒する学生運動の壮大な復権に向かって

【はじめに】
~現代のラジカルな変革者の持つべき時代認識~
みなさんお疲れさまです。私の方から沖縄闘争の現局面についてどうとらえるのかということと、学生の5~6月の方針について若干の提起をしたいと思います。
はじめに、何を全体として言いたいのかを提起します。
“5・16沖縄学生集会での織田委員長の基調” の続きを読む

中国労働者スト連帯! 7.7ホンダ抗議闘争へ!

7月7日、ホンダ本社に抗議闘争を行います。参加される方は12:00に青山一丁目(地下鉄大江戸線、半蔵門線、銀座線)3番出口に結集を! 以下呼びかけ文です。

闘う中国労働者と連帯し、7・7ホンダ本社抗議闘争へ!

来る7月7日、動労千葉を先頭とした日本の闘う労働組合、労働者、学生は、中国ホンダとストライキで闘う中国労働者と連帯し、東京にあるホンダ本社(本田技研工業本社/東京都港区南青山2-1-1/TEL.03-3423-1111/取締役社長 伊東孝紳/09年3月末現在・資本金 860億円)への抗議行動に立ち上がります。多くのみなさんに結集を呼びかけます。

“中国労働者スト連帯! 7.7ホンダ抗議闘争へ!” の続きを読む

三里塚現地行動隊からの報告(5月30日)


(写真は市東さん宅やぐらから見た成田空港:フェンス右と団結街道:左)

全学連現地行動隊から、三里塚現地の近況報告をします。

現地は今、連日の闘いで団結街道の廃道化を阻止し続けています! 連日、基本的に監視やぐらに登っての監視行動を続けています。やぐらの上からは写真の通りの眺めですが、何度見ても我々の勝利性と正義性、国家権力の不正義性とそれへの怒りが沸き立ちます。農地を破壊し、農民を暴力的に叩き出して作られた成田空港は、今なお完成していません。44年に渡る三里塚農民・全国の労働者・学生の不屈の闘い、労農学連帯が完全に敵の敗北を強制しています!

“三里塚現地行動隊からの報告(5月30日)” の続きを読む

暴処法裁判更新意見(織田委員長)

更新意見

2010・5・13

織 田  陽 介

(1)本件は、法政大学における不当な学生運動弾圧事件である。

◎政治弾圧という本質
本件は法政大学をめぐる事件ですが、たまたま法政大学で偶然起きた事件でしょうか。そうではありません。4年間での118人を数える逮捕、この数ひとつとっても、法政大学で偶発的な事件が起きているのではないことは明らかです。

◎3・14弾圧
始まりは06年3月14日のいわゆる「3・14弾圧」です。立て看板の一方的な撤去に抗議した学生29名が、200名の公安警察によって逮捕された事件です。それ以来118名の逮捕、33名の起訴、停学や退学処分による学生の弾圧が横行している。
この逮捕につぐ逮捕の4年間は同時に、立て看板やビラ撒きの禁止、広場での集会の禁止、学祭の規制、さらに学生の団結体としての学友会の廃止まで含めて、学生の自由な活動が奪われていく過程でもあった。これが政治弾圧でなくてなんであろうか。

“暴処法裁判更新意見(織田委員長)” の続きを読む

暴処法裁判更新意見(新井拓くん)

更新意見

2010年5月13日
被告人 新井 拓

裁判官が交代するということで、これまでの裁判の経過を踏まえ、私からの意見を述べたい。
まず冒頭、ハッキリさせたいことは、もうこんな裁判はやめよ、裁判という名のむき出しの政治弾圧を直ちにやめよということです。

昨年10月5日の初公判以来、これまで12回の公判が行われ、出てきた証人が10人いました。そのうち公安刑事がなんと6人でした。検察がこれから請求する予定の証人もほとんどが公安刑事です。これだけ見ても、この法廷で行われているのが中立・公正な「裁判」などではないということが分かります。警察・検察・裁判所が一体となった100%不正義の政治弾圧と言う他ありません。
“暴処法裁判更新意見(新井拓くん)” の続きを読む