新入生のみなさん。ようこそ、東北大学へ!

新入生の皆さんへ!のページ

東北大学学生自治会ブログより

イメージ 1イメージ 2新新入生のみなさん。ようこそ、東北大学へ!
東北大学学生自治会は、新たな仲間になるみなさんを大歓迎します。大学って何だろう?
 みなさんは、これから大学生活を送るわけですが、東北大学に入学した動機は様々だと思います。―――「学びたいことがある」「なんだか楽しそう」「就職のため」「まわりの人が行くからなんとなく」・・・etc.そこで質問です。みなさんは「大学とは何か?」ということを考えたことがあるでしょうか?

大学の歴史は、自由を求める闘いの歴史
 大学は「真理探究の場」とか「学術研究及び教育の最高機関」とか聞いたことがあるかもしれません。「学問の自由」というのもよく耳にする言葉です。いろいろありますが、「大学とは自由なところ」というイメージを持っている人は多いと思います。
 しかし、はじめから大学に自由が存在していたわけではありません。学問の自由をめぐって、中世・封建制時代においては宗教・神権との闘い、近現代・資本主義社会においては帝国主義、とりわけ戦争国家体制との闘いがありました。その闘いのなかで学問の自由や公教育の権利を確立してきたのです。
 現在の大学も不当な支配との闘いの渦中にあります。それは、新自由主義政策との闘いです。この20年余り、全世界的にこの政策が吹き荒れました。政府と資本家が一体となって、さまざまな規制を取り払いながら、あらゆる分野に市場原理を持ち込んでいったのです。年金制度の破綻や、社会保障の解体、雇用破壊が徹底的に進められてきました。教育破壊もその一環でした。

大学の新自由主義化反対
 小泉構造改革の一つの柱としてあった、国立大学法人化(2004年)を契機に、国公私立に関係なく大学の新自由主義化は一挙に進んでいます。
 東京の法政大学では、今年の2月、新自由主義を批判するビラを正門前で配っていた学生が、「営業権を侵害した」として逮捕される事件まで起きています。
 大学当局は一方では、高い授業料を学生や保護者から巻き上げては、教育ではなくマネーゲームに費やし、他方では金儲けの邪魔になる批判精神を持った学生を排除しているのです。
 大学当局や大学を「貧困ビジネス」にする資本家が金儲けをできる限りにおいてのみ、学生が学ぶことができるという惨めな関係を覆さなければなりません!

大学は未来を創造する場――学生自治の歴史的復権を
 「学び」という行為は教育現場に限って必要なものではありません。「学び」は文化・芸術活動やスポーツ、そして労働にあたっても必要なものです。それは人間の人格を形成し社会を形成していくための根本を成すものです。「学び」は抑圧され自由を奪われれば、必然的に人間も社会も可能性を奪われてしまいます。
 だから、「教育」は社会的に重要なものとして位置付けられ、自由が保障される必要があるのです。
 それを実現する力は学生自治、すなわち学生の団結のなかにこそあります。
 終戦直後、「二度と戦争を繰り返させない」「学費値上げ阻止」「生活防衛」というスローガンを掲げて、全国大学で大規模なデモやストライキが闘われました。そのなかで自主的な学生自治組織を次々と結成し、1948年にはその全国統一組織である全日本学生自治会総連合(全学連)が誕生します。
 「生きさせろ!」という学生の怒りが社会変革を求める力として爆発し、多くの権利を獲得してきました。そして、いまなお法政大学の仲間を先頭に闘いは全国で続いています。

学生こそ大学と社会の主人公になろう!
 最後に私たちが訴えたいことは「東北大学学生自治会の旗のもと、一緒に学生運動をやろう!」ということです。
 現在の世界大恐慌のなか、全世界で同様の戦いが始まっています。私たちと同じ目標に向かって闘う仲間は、いま全世界に拡大しています。世界の仲間のように、そして先人達のように、歴史を動かすダイナミックな行動に立ち上がる時代が来ているのではないでしょうか。
 私たち学生は「若さ」と「学び」を兼ね備えた存在です。「若さ」とは無限の可能性であり、「学び」は可能性を引き出す行為です。この両方を握り締めている私たちは、この社会の未来そのものです。
 そして様々な困難を突破していくためには、個の限界を乗り越えるための仲間が必要です。学生自治会は仲間をつくり、団結をつくる最先頭に立ちます! 新入生のみなさん。団結してともに大学と社会の主人公になろう!

東北大学学生自治会委員長
石田 真弓(経済学部)

2010年激動の時代の到来
学生は世界の仲間と団結しよう
一人ひとりが時代の主人公だ

いま、全世界でデモやストライキが激発している。
膨大な数の人民が生きんがための闘争に立ち上がっているのだ。
世界大恐慌の中で、資本家とその政府は我々から全てを奪い尽くそうとしている。
雇用、賃金、医療、福祉、教育、そして未来すらも―――
しかし、支配者たちは同時に自らの墓堀人を生み出した。
怒りに燃える学生・労働者人民である。
我々は反撃を開始する! 失うものは鉄鎖以外に何もない!
我々が獲得すべきは全世界である!

 いま私たちは歴史の分岐点に立っています。長きに渡って続いてきた資本主義体制が目の前でガラガラと音を立てて崩壊しています。資本家とその政府は、自らの延命のために全ての矛盾を学生・労働者に押しつけながら、激しい抗争を繰り広げています。
 私たちは生活に苦しみ、明るい未来も描けない状況にありながら、ただただガマンしなければならない存在なのでしょうか。そんなことは決してありません! 私たちには未来を切り拓く力があります! 多くの仲間がすでに立ち上がり始めています! 全ての学生は社会変革を求め、共に立ち上がろう!

後のない大恐慌への突入
 08年秋のリーマンショック以来、世界経済は完全に後のない大恐慌に突入しました。金融機関の相次ぐ破綻が、米基幹産業である自動車においてGM・クライスラーの破産という衝撃的な事態を引き起こしました。オバマ政権は銀行や大企業を救済するために財政投入を行い、天文学的な負債を抱えるに至り、破産寸前です。欧州でも同様のことが起こり、アイスランドやラトビアなどは国家そのものが破産する事態にまで至っています。その波はギリシャにおよび、欧州全体へと広がろうとしています。日本も例外ではありません。むしろ、その財政危機は先進国の中でも群を抜いており、いつ破綻してもおかしくない状況です。
 そのなかで、大失業と激しい生活破壊、そして戦争の脅威が迫ってきています。危機に立つ資本家とその政府は、利益を上げるためになりふり構わず新自由主義を強めています。日本では昨年1年間で100万人を越える労働者がクビを切られ、路頭に叩き出されました。学生は就職することすらままなりません。人間が人間らしく生きることすら否定される。こんな社会は絶対に間違っています!

恐慌は資本主義の終焉
 恐慌は資本主義体制の根本的な行き詰まりです。社会はモノが不足して困窮しているわけではありません。モノが社会に溢れ過ぎていることが原因で、労働者は解雇され賃金を下げられて、その家族もろとも困窮させられているのです。事実、工場が次々と閉鎖されながらも、お店には商品が溢れ、しかし、その商品が私たちの手元には来ない! こんな転倒があるでしょうか!?
 本来であれば、生産力の発展は労働の質を均等にし、労働時間を短縮し、人間が人間らしく生きることを可能にし、社会を豊かに発展させるはずです。それが行われないのは、社会的に生み出された富や生産力が一握りの資本家や政治家に私物化されているからです。
 さらに彼らは自らの利権を守るために、市場のぶんどり合い行い、保護主義や排外主義を強め、戦争に向かって突き進んでいます。否、すでにイラクやアフガニスタン、パレスチナなど世界各地で戦争は行われています。
 彼らは私たちの生き血を吸いながら、社会を崩壊させようとしているのです! この構造を打ち破ることこそが必要です!

全世界の仲間と共に!
 昨年11月、「この社会を変えたい!」という真剣な志を持った5850人の仲間が、日本各地から、そして韓国、アメリカ、ブラジル、ドイツから、東京・日比谷野外音楽堂に集まって決意を固めました。
 この集会を主催した国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉。千葉の鉄道で働く運転士、エンジニアの労働組合)は、この春、JRの雇用破壊・安全切り捨て政策に反対して、4度のストライキに立ち上がり攻撃を阻んでいます。闘わなくなった労働組合を甦らせていく画期的な闘いです。沖縄では教科書問題をめぐる12万人集会を引き継いで、普天間基地の即時撤去を求める10万人規模の集会が準備されています。米軍の最大拠点の足下から、戦争を実力で止める闘いが燃え上がっています。
 また大学を巡る攻防も激しさを増しています。法政大学では06年3月14日以来、のべ118人の学生が不当な言論弾圧を受けて逮捕され、多くの学生に退学・停学処分が下されています。しかし、学生は決して屈することなくドンドンと仲間を拡大しています。そして、この闘いは今や海を越え、アメリカやドイツの学生の共感を呼び、国際的な連帯が生まれています。今年の3月には、カリフォルニア州で「公教育を守れ」を掲げて取り組まれた100万人の行動に私たちも招待され、アメリカの地で新たな仲間と感動的な合流を果たしました。

民主党政権打倒! 私たちが主人公の社会を創ろう!
 昨年夏の総選挙における自民党の大敗が示したことは、日本の数千万の人々が「こんな社会は変えなければならない」と感じているということです。
 しかし、代わって登場した民主党政権は、自民党以上に大失業と戦争を促進する政権です。鳩山や小沢の献金問題でも明らかなように、新たな資本家、新たな大金持ちが、自民党に代わって支配者になったに過ぎません。
 問われていることは、私たちが社会の主人公として歴史の最前線に登場することです。世界は革命情勢です! 闘えば仲間ができる! 闘えば未来の展望を切り開ける! 学生は自らの怒りと可能性を爆発させ、労働者人民と共に立ち上がろう!

齋藤文化連盟委員長アピール 「前進」2433号

未来奪うやつらと闘え 法大文化連盟委員長 斎藤郁真

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます! みなさんは、何を思い大学に入ったでしょうか? 学生時代は、自分のモノを創(つく)り上げるときです。周りの言葉の何を聞くべきか、みなさん自身が選ばなければなりません。
 みなさんは、大学に何を求めますか? こんな時代ですから、私は訴えます。「学生運動をやろう!」と。人生は一度しかありません。若いうちに情熱を、さまざまな状況の中で封じ込められているあなたのその情熱を呼び起こし、学生運動をやろう!

 全世界で学生反乱が

   私は、「新自由主義」と呼ばれる風潮がまん延する中、今の大学が「教育=商業」「学生=商品」と見なし、その結果どんどんつまらなくなっていることに危機感を持っています。そしてそれに抗し、法大キャンパスで文化連盟の委員長として闘っています。この新自由主義は1970年代以来の世界資本主義の生産過剰状態を背景とし、それゆえに世界同時的な攻撃としてあらわれます。新聞などではあまり報道されませんが、いま世界では学生反乱が、すさまじい規模で急速に燃え上がり始めています。私たちが極東の地で「教育の民営化(商業化)反対!」を訴えるとき、アメリカの学生は「教育は商業ではない!」と訴え、ドイツの学生は「教育は金もうけの道具ではない!」と訴えている。このスローガンは誰かが意識的に主導したのではないにもかかわらず、この2~3年の間にほぼ同時に、世界中で行動的な学生たちが掲げ始めたものです。
 金融・経済危機が政治危機へと発展し、2010年は世界が動こうとしています。だからこそ私は、みなさんに自信をもって「ともに闘おう!」と訴えます。世界史を動かす壮大な物語にかかわることは、みなさんの人生にきっと大きな何かを、普通に授業に通っているだけではけっして学ぶことができない何かを残すでしょう。未来は私たちのものです。

 文化連盟は断固闘う

  もちろん、闘いの中での処分や弾圧という問題はあります。法政大学では、この4年間でのべ118人がビラまきや集会などで逮捕され、33人が起訴されています。私自身、08年12月以来「無期停学処分」にあり、先日は文化連盟の倉岡雅美さんに不当な「停学1年」の処分が下されました。
 しかし、それでも私は何度でも「一緒に学生運動をやろう」と訴えます。
 文化連盟は、今も昔も変わらずサークル連合ですが、法大当局によって08年に、半世紀近く続いた公認を一方的に取り消されました。そして、それに抗議するビラをまけば、教職員が暴力的弾圧を加えて処分で黙らせようとする状況に憤り、サークル連合の域を飛び出て闘争を開始しました。
  学生を「原材料」と見なし、授業やカリキュラムを「学生の加工」とみなす。知識と自我を持つ(持ちうる)若者をベルトコンベヤーに乗せ、そこから外れるものに苛烈(かれつ)な制裁を加える。それを「教育的措置」と言いなす大人たち。私が「学生運動をやろう!」と訴えるのは、私たち学生の未来を奪う、こういう大人たちを許してはならないと思うからです。
 法大当局、警察・検察権力、そして資本家たち。もう墓場に片足つっこんでいるにもかかわらず、次の世代の未来をおとしめるやつらをそのままにしておいちゃいけない。アツく、熱く、いっしょに学生運動をやりましょう! 4月23日、法大市ケ谷キャンパス正門で会いましょう!

織田委員長アピール 「前進」2433号

闘う全学連の旗の下に 全学連委員長 織田陽介

 すべての新入生のみなさん! 大恐慌がますます深まり、資本主義というひとつの社会が崩れ去ろうとしている。学生が団結して行動に立ち上がり、社会を根本から変革する時が来た。3月4日、アメリカでは100万人の学生・労働者が教育ゼネストに立った。「学費をなくせ!」「教育をマネーゲームにするな!」「公教育を守れ!」「大学はおれたち学生のものだ!」。世界の学生の闘いはまずアメリカから始まった。リストラ、就職難、戦争、こんな言葉はもうたくさんだ。日本の学生も続こう! 戦争と大失業を進める民主党政権を、資本主義体制もろともぶっ飛ばせ! 巨大な学生運動を今こそ登場させよう

 「停学1年」許さない

  3月17日、倉岡雅美さん(法政大学人間環境学部3年)に「停学1年」の不当処分が下された。処分を下した教授は「理事会に言われたからしょうがない」などと言っている。処分の正当な理由など何もない。これで学生が「停学1年」だと!
 何より処分理由は昨年4月24日の1500人の学生集会だ。倉岡さんはこの集会を呼びかけて最先頭で闘った。これを「建造物侵入」と「威力業務妨害」などという主張で法大が110番通報し、警察に倉岡さんを売り渡した。自分の大学で「建造物侵入」で逮捕、こんなことがあるだろうか! 当日、数百の学生が自分の意志で授業を抜けだし集会に参加した。最後は1500人の学生が「こんな大学のあり方はおかしい」という意思を集会で示した。倉岡さんが逮捕されるのを目の前で見て、怒りと悔しさに打ち震えた。この思いと行動を否定することなど誰もできはしない。
 1500人集会への法大当局の回答は、集会をやった倉岡さんの逮捕、処分だ。これは学生の意思を絶対に認めないということだ。「学生は黙って従え」。これが法大の本音なのだ! こんな処分は絶対に許せない。学生の団結で絶対に撤回させようじゃないか!
 これは法大だけの問題ではない。倉岡さんという一学生の問題ではない。大学のあり方を根本から問う問題だ。

 学生の自由奪う大学

  第一に、大学の主人公は学生だということだ。「学生は黙って従え」、これが教育と言えるだろうか。未来とは若者が古い価値観をうち破って切り開かれるものであるならば、学生こそが教育の主人公であり、大学は学生にとって自由でなければならないはずだ。
 しかし、法大はどうだ。ビラまきが禁止され、サークル団体を解散させ、学生の自由が奪われている。学生の学費が、監視カメラや、弾圧職員や暴力ガードマンの給料となって学生の自由を奪っている。東北大学では寮食堂が学生の声を無視して廃止され、富山大学では寮の廃止に反対する学生が退学処分になっている。学生が主体性を奪われ、モノのように扱われている。こうしたあり方を根本から問う闘いだ。
 第二に、教育の民営化に反対する闘いだ。大学の学費は年々上げられている。法大の総資産の3分の1、653億円もの金がマネーゲームに使われ、すでに2年間で37億円もの学費が消えてなくなった。こんな使い方をされる学費を払えないことをもって、多くの学生が大学からたたき出されている。奨学金という借金を背負って、職もないまま社会に放り出されている。教育が学生の未来を食い物にする「ビジネス」に成り下がっている。
 学生を苦しめている大学のあり方が、「学生は黙って従え」というこの処分に詰まっている。すべての学生は「不当処分撤回」の声を上げよう。
 第三に、学生が団結と誇りを取り戻す闘いだ。大学を私物化して金もうけする理事会など大学からたたき出し、大学を学生の手に取り戻そう。そのために団結しよう。処分された仲間のために声を上げる、これが団結だ。処分撤回闘争こそ、学生の手で大学のあり方を根本から変える闘いだ。
 大失業、非正規職、就職難。学生がここまで競争させられている現実につけ込んで、大学が学費をつり上げボロもうけしている。そして学生は点数で評価され、教育が生存競争の手段におとしめられている。学生が団結すればこんな状況はぶっ飛ばせる。学生の団結こそ、教育を本質的な豊かなものにする無限の可能性だ。受ければ受けるほどに人間性を失う教育の現実を変える力は私たち学生の中にこそある!

 根本的変革の先頭に

  4月23日、すべての学生は法大解放総決起集会に集まろう! そして、学生は社会を根本から変革するために闘おう。
 第一に、労働者と団結し、資本主義社会を転覆する共産主義革命だ。世界中で膨大な数の労働者が職を失い、家を失い、路頭に放り出され、食うこともできなくなっている。学生が学校に通えず、教育も未来も奪われている。資本がもうけられなくなれば労働者・学生は生きることもできない。働くこと、住むこと、学ぶこと、一切の生活が資本家の金もうけのためにある。これが大恐慌で明らかになった資本主義の真の姿だ。こんな社会でいいのか。根底から問われる時代だ。そして、変革の手段もまた、人間が人間らしい団結を取り戻し、非人間的な階級支配を打ち倒すという根底的なものだ。
 労働者とともに立ち上がることの中に、学生の未来もある。とりわけ23年間、解雇撤回を貫いてきた国鉄1047名解雇撤回闘争だ。また、学生は『資本論』を学習し、マルクス主義の思想を復権しよう。
 第二に、安保・沖縄闘争だ。「基地撤去」の怒りが4月25日、10万人の沖縄県民大会として爆発しようとしている。戦後世界は憲法9条の装いとは逆に、絶えず戦争が行われ、72年沖縄返還後も沖縄から爆撃機が飛び続けた。1929年の世界大恐慌は、世界戦争を引き起こした。戦後もその矛盾は一切解決されていない。米軍基地の75%が集中する沖縄の怒りが、戦争のための日米安保体制を、帝国主義世界体制そのものを粉砕しようとしている。
 5月に国民投票法が施行され、実際に改憲ができるようになる。民主党政権は「東アジア共同体構想」を打ち出し、アジアの権益を狙って独自の軍事大国化をめざしている。これを許していいのか。戦争に動員されるのが学生・労働者なら、戦争をとめるのも学生・労働者の団結だ。沖縄の怒りとひとつに、反戦・反基地闘争に立とう。
 第三に、学生は自らの組織をつくって闘おう。闘う全学連の旗のもとに、学生自治会を復権しよう。一人の仲間も見捨てるな! 大恐慌の時代に立ち向かう団結を!

5・29弾圧裁判(第1グループ)の控訴棄却弾劾!!

3・14法大弾圧を許さない法大生の会より

昨日、08年5・29弾圧の控訴審判決が行われました。
 判決は控訴棄却という、全く許し難い反動判決です。徹底弾劾しよう!!

 判決文は地裁判決よりもさらに踏み込んだ内容となっており、大まかに言うと

(1)
 東京地裁・稗田裁判長が、清宮前総務部長を「この人は当時の総務部長として来ているのであって、学校全体の責任者として来ているのではありません」と言ったことは言葉のあやであり、増田総長でなくとも「管理者の意志」は立証されたということ。

(2)
 00年の立て看板規制ルールと自治会非公認化でもって全学連看板は一貫して「学外団体の看板」であったのであって、看板撤去は正当であるということ。

(3)
 よって退学処分は正当であり、事件当時被告人らは全員学外者であって「建造物侵入」は成り立つということ。

(4)
 「恩田君への不当処分撤回」「沖縄サミット粉砕」を掲げた08年5・29デモは「キャンパスの平穏な教育環境」を侵害したものであるので、憲法の「集会・表現の自由」にはあたらないということ。また法大生が呼びかけていたとしても、せいぜい数名であるので学外者のデモであることに変わりはないということ。

(5)
 山本君の「公務執行妨害」がビデオに映ってないのは、柱の陰に隠れているからであるということ。

といった感じです。怒りなしには読めない判決文であり、実際被告人はほとんど怒りの声をあげ退廷になったほどです。
 とりわけ許し難いのは山本君の「公妨」です。「柱の陰に隠れているからむしろ見えなくて当然」という、裁判的に言っても全く転倒した論理でもって有罪を下しているのです。「推定有罪」そのものではありませんか。断じて許すことはできません。

 法大当局の下僕以下と成り果てた東京高裁に徹底弾劾を叩き付けよう!!
 4・23法大解放総決起集会の爆発で大反撃を!!