織田委員長の大会まとめ

方針は非常に鮮明だと思います。僕たち学生が団結して大恐慌に立ち向かう、このことを真正面から学生に訴えよう。

第一に、11月7日に必ず1万人集会を実現しよう。ここに、僕らがまず本気になることが核心だと思います。

一つはこの社会への怒り、もしくは菅政権の政策への怒りを自分たちの言葉で真剣に訴えよう。いま、首切りだとか、増税だとか、大学の予算が削減されるとか、そういう問題がある。これが「国家がつぶれたらどうするんだ」という話になっている。しかしそもそもこんな議論そのものがおかしい。なんでこうなったのかっていう議論がまったくされていない。なんで国家がこんなに破産したのか、誰の責任なのか、この赤字つくったのは一体誰なのか。こうした論議がまったくされてないじゃないか。赤字は自民党がめちゃめちゃにつくったじゃない。自分が選挙通るために、自分の地元に新幹線とか引いてさ、めちゃめちゃに財政使ってボロ儲けやってきたでしょ。こんなことやってきた奴が最後責任とれなくなってバンバン辞めてさ、今もう自民党は解体状況。責任もとってない。銀行をバンバン救済してさ、銀行はこの何年も1円も税金払ってないんだよ。そんな奴らに何千万、何億って投資したあげくに、いま大増税だって。銀行の奴らは何してたんですか。金が金を生むような金融工学だ何だって、バブルつくったあげくに全部破産、それで今大恐慌になっているわけじゃないか。それで大失業。一体、こういう財政破綻が誰のせいで行われたのかを、我々はもう一回はっきりさせるべきですよ。この議論も何もされずにね、「国家がギリシャのようになったらどうするんだ」って、こんなこと言われたって納得できるかっていうことだと思うんだよね。何が927億円の削減だ、ふざけんなってね。我々は率直にいま行われている現実に対して、自分の思いを、自分の言葉を、学生に投げかけて、11月集会に向かって組織化を開始したいと思っています。

“織田委員長の大会まとめ” の続きを読む

全国学生は全学連大会へ! その③

●首都圏大学4年生

立場の違い、細かい意見の違いを乗り越え、同じ若者、社会的存在の者同士として、私を受け入れ、真剣に議論してくださった皆さんの姿に、新しく素晴らしい全学連の未来を見たような気がしました。

 さて、今回初めて大会に参加させて頂くことになりました。
これから私たちの未来に何が待ち受けているのでしょうか。それは暗い未来でしょうか。全学連のみなさんの努力のお陰で、多くの学生がこの場に集まることができました。そして自らの未来を語り合うというこの行為こそが、未だ見ぬ未来の闇に明かりを灯す灯火だと思います。

“全国学生は全学連大会へ! その③” の続きを読む