4月30日の韓国学生集会への連帯メッセージ

連帯メッセージ
                2017年4月24日 全日本学生自治会総連合

                            委員長・斎藤郁真

 韓国学生行進のみなさん。こんにちは。私たちは全日本学生自治会総連合(ZENGAKUREN)です。心から連帯のメッセージを送ります。

 私たちは韓国の労働者民衆の闘いと連帯するために、昨年11月12日の民衆総決起大会に参加しました。民衆が歴史を動かす瞬間をみなさんとともに共有できたことに感動し、絶対に日本でも安倍政権打倒の闘いを爆発させると決意しました。

 現在私たちは、「パククネの次は安倍だ!」「韓国の学生に続こう!」を闘いの合言葉に、法政大学、京都大学、沖縄大学、広島大学、東北大学、福島大学、富山大学などを中心に活動しています。
 日本で70年ぶりに「大学の軍事研究」が始まりました。それと一体で、大学では学生の政治活動が禁圧されています。法政大学ではこの11年間に126人の学生が逮捕され、13人が退学処分を受けましたが、一人も屈服することなく闘いを続けています。
 2015年10月27日には安倍政権の安保・戦争法の強行成立に抗議して、京都大学の学生が反戦バリケードストライキに立ち上がりました。4人の学生が無期停学処分を受けましたが、さらに大きなストライキに向けて闘っています。

 一部の財界が富を独占する一方で、青年や学生が貧困に突き落とされている現実は、韓国も日本も同じです。高額な学費は学生と家族を貧困に突き落とし、奨学金という名の借金地獄に叩き込んでいます。こんな大学・教育に未来はありません。 

 「大学から戦争は始まる」--これが歴史の教訓です。日本の大学が再び侵略戦争に加担することを絶対に阻止しなければなりません。私たちは、パククネを打倒した韓国の労働者民衆の闘いに学び、続きます。憲法改悪と戦争の安倍政権を打倒します。日本軍軍隊慰安婦問題を抹殺して再び侵略戦争に突き進む日本帝国主義を打倒します。
 4月28日の「沖縄デー」に、法政大学で「朝鮮戦争阻止! 安倍打倒!」の学生デモを闘います。
 私たちの敵はひとつです。これからもともに闘いましょう!

以下に英訳も掲載します。

안녕하십니까 Comrades from the Student March, We, Zengakuren, send you our heartfelt solidarity. On November 12, last year, we participated in the people’s all-out rally in Seoul in solidarity with Korean workers and people. It was the very moment when people moved the history that electrified and inspired us; we strengthened our determination to organize huge movement and overthrow our own government. Our current slogan is “After Park Geun-hye, overthrow Abe! Follow Korean students!” We are now organizing mainly in Hosei, Kyoto, Okinawa, Hiroshima, Tohoku, Fukushima, Toyama Universities. For the first time in seven decades, Japanese universities started military research and development. The draconian repression on students’ political activities is inextricably linked to such militarization of universities. At the Hosei University, 126 students were arrested, 13 were expelled since 2006. No one, however, caved in; the struggle continues. On October 27, 2015, the students of the Kyoto University waged a strike and barricaded a building, protesting the war legislation railroaded by the Abe government. Although the university placed tour of the students involved on indefinite suspension, our organizing efforts for bigger strikes cannot be slowed down. In Japan as well as in Korea, chaebols, a minuscule part of the population, monopolize all the wealth of society at the expense of poverty for many—youth and students. Extortionate fees impoverish students and their families. Stipends are none other than student loans which trap us in debt hell. Such universities have no future. History teaches us that wars were started from universities. We are determined to stop Japanese universities from collaborating with aggressive war again. We follow struggle of Korean workers and people who have brought down Park Geun-hye. Overthrow Abe government which promotes constitutional revision and war! Overthrow Japanese imperialism that denys military comfort women issue and thus rushes toward criminal war. On April 28, we will hold a rally and demonstration around Hosei University in order to stop a new Korean war and to overthrow Abe. Our enemy is one and the same. Let’s continue our common fight! In Solidarity, Zengakuren (All Japan Federation of Students’ Autonomous Bodies) April 26, 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です