3・20イラク反戦7周年デモ

3月20日、「イラク反戦7周年全世界一斉デモ、ワーカーズ・アクションin渋谷」
が代々木公園に1880人の労働者・学生を結集し闘いぬかれた。民主党・連合政権
の危機が深まり、国鉄と沖縄を焦点に階級決戦情勢が煮詰まる中、集会とデモは
青年労働者と学生の現状変革への欲求とエネルギーがほとばしる場となった。

 

基調報告にたった千葉の青年医療労働者は「資本家たちは生き残りをかけて国鉄1047
名解雇撤回闘争を終わらそうと必死だが、戦争も民営化も、非正規職化の攻撃も
首切りも、止めるのは国会ではなく現場の闘いだ。資本主義の危機は労働者の危
機ではない。労働組合を甦らせ団結すれば勝てる。世界のすべてを資本家から取
り戻そう!」と訴えた。
動労水戸は19、20日とストライキに決起して結集。第4波のストを打ち抜いた動労
千葉・田中康宏委員長は「この局面で絶対に国鉄闘争の火を消してはならないと
の全国運動を呼びかけたい。ここに数千万の労働者の怒りの声を結集させよう」
と提起した。
沖縄北部合同労組の労働者は、「今こそ日米安保粉砕、基地撤去だ。労働運動の
力で勝利しよう。労働者が主人公の沖縄を取り戻そう」と4・28~5・15沖縄闘争
への総決起をアピール。

集会は終始、学生の闘いが牽引した。全学連訪米団6人はカリフォルニアでのデモ
で掲げた横断幕を持って登壇し、松室しをり書記長代行からの「アメリカの学生
たちが『団結した学生は負けない』と私たちと同じスローガンで闘っていた。団
結は海を越え一つになった!」という報告に会場は大盛況だ。さらに法政大学文化
連盟の斎藤郁真委員長が4・23法大解放集会への結集を熱烈にアピールした。

最後に織田陽介全学連委員長が「闘いの方向は明確になった。革命こそ歴史上最
大の大衆闘争だ。労働者、学生、農民のための組織を作ろう。国鉄と沖縄を軸に
して労働運動の多数派を取ろう!」と締めくくり、渋谷デモに打って出た。「解雇
撤回!」「基地撤去!」「鳩山打倒!」と訴える解放的デモに、沿道からも青年労働
者、学生が加わった。
3・20は日本と世界の階級闘争の歴史的胎動の突破口となった。今こそ怒りを行動
へ! 国鉄・沖縄・法大を軸に、仲間を組織して4~5月決戦に立ち上がろう!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください