6.9国鉄集会に参加して ①

東京 青羽玲音

 「国鉄闘争全国運動6・9全国集会」に参加しました。まず、動労千葉の田中委員長が言われる「現代の産業報国会化」が着実に進められているということを改めて実感しました。
 現在、JRでは東労組のような国鉄分割民営化に賛成した御用労組ですら無くしていくような攻撃が進んでいます。労働組合というもの自体を無くそうという政府の思惑もありありとしています。
そうした攻撃の行き着く先は戦争です。1940年に結成された「産業報国会」は労働者を戦時体制に組み込み、文字通り「国に報いる」ことを強制しました。それと同じことが現代に焼き直されようとしています。関西生コン支部に掛けられている組織絶滅型の弾圧もこうした流れと一体のものであると思います。

 そうした中で、動労千葉を先頭にした階級的な労働運動の必要性が増しています。韓国の鉄道労組ソウル地方本部長であるファンサンギル氏が集会で「動労千葉と連帯して闘う」と宣言していて、いたく感動しました。非妥協で闘う労働運動を軸にした国際連帯の姿を見い出だせました
 河野さんを先頭にしたコンビニ関連ユニオンの結成も報告され、着実に労働運動が広がってきていると感じました。工場で弁当を作る労働者、それを店舗まで運ぶ労働者、陳列して販売する労働者、それにオーナー労働者と本部労働者がコンビニを動かしていて、コンビニ関連ユニオンはその全ての人に開かれているんだということ、つまりこれも労働者が階級的に団結して闘おうということです。
 また、今回の集会では前進チャンネルやTwitterを介した新しい出会いもありました。『共産党宣言』にもあるように、マルクスやエンゲルスの時代から交通や通信の発達は労働運動にも恩恵を与えています。そうした繋がりや宣伝領域もフルに活用して階級的な闘いを発展させていきたいと感じました。
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください