記事一覧

日刊レーニン85号(9月21日)

100 年前の本日。民主主義会議は拡大議長団会議の決定を賛成多数で承認した。そして、新たな代表機関を「予備会議」と命名し、そこに民主主義会議の全権限を移した。民主主義会議の各グループにその構成員 15 %、全部で 350 議席を与え、有産階級に120 議席を与えた。さらに政府がカザークに 20 議席を与えた。予備会議は8月半ばにモスクワで開かれた国家会議の焼き直しにすぎなかった。
ボルシェビキの中で直ちに、予備会議に参加すべきか否かをめぐって激しい論争が展開された。本日の中央委員会では、予備議会のボイコット案をめぐって賛成9、反対8の半々に割れたため、最終決定を中央委員会、ペトログラート委員会、民主主義会議代表団からなる党協議会に持ち越された。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

記事一覧