日刊レーニン63号(7月9日)

    100 年前の本日のレーニン。レーニンは死を覚悟した。カーメネフに理論的な遺書として『マルクス主義国家論』の原稿(後の『国家と革命』の基礎となるもの)を託し、自分が殺された場合に発行するように指示した。    街頭では、党の印刷所を襲撃した将校や士官学校生が、ボルシェビキのスパイ活動という非難に抗議するすべての人々を叩きのめして逮捕していた。今日は、カーメネフも兵士に捕まりリンチされそうになった。レーニンは、5 ~ 8日の間に「レーニン=ドイツのスパイ」とするデッチあげに対していくつかの反論を書いた。最終的には「迫害と拘禁が目的である以上、裁判には出廷しない」とソビエト執行委員会が設けた調査委員会には出廷しないことを宣言した。ボルシェビキ中央委員会はレーニンを地下に潜行させることを決定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です