日刊レーニン56号(6月29日)

100年前の本日のレーニン。レーニンは、全ロシア・ソビエト第1回会議(6月3~24日)の激闘を闘い抜いて体調を崩した。レーニンはフィンランドの別荘に移って休養をとる。レーニンはいつもそうだ。党大会や重要な会議の後は、張り詰めた精神と緊張が切れて、疲労困憊するのだ。しかし、伏せっているレーニンを尻目に抑えきれない大衆の怒りが7月大武装デモに向かって進んでいく 。

北島くにひこが2度目の特別出演!前進チャンネル第9回「安倍を監獄へ 小池倒せ!」前進2856号(6/29付)

日刊レーニン55号(6月27日)

100年前の本日のレーニン。本日のレーニンは、『プラウダ』に「階級的変動」「革命的エネルギーの奇跡」を掲載した。

18日とデモと夏期攻勢後、首都の情勢は再び緊迫し、労働者・兵士は武装して街頭へ出ようという機運を高めていた。 

18日の反動として、ペレヴェゼフ法相は19日にアナーキストの拠点であったドルノヴォー別邸を急襲し、アナーキストの指導者を射殺、全員を逮捕した。20日には、ケレンスキー陸海相は機関銃第一連隊の機関銃500挺と部隊を前線へ送れと命令した。機関銃第一連隊はボルシェビキの軍事組織の拠点であり、その目的は連隊の解体である事は明白だった。

21日、連隊は会合を開き、「『革命的な戦争』のためのみ前線へ行くであろう」と決議。また同時に「全権力が労兵ソビエトへ移ることを要求する」決議を行い、他の諸連隊に使者を送り決議を求めた。

しかし、レーニン、ボルシェビキは反政府の宣伝・扇動を強めながら首都における勢力を拡大していったが直接行動を抑制する方針をとっていた。首都での武装決起によって、前線での攻勢敗北の責任を転嫁される事と、パリ・コミューンのように首都が孤立し、包囲・殲滅される事を恐れていた。時期を得ない決起を抑えるためにアジテーターが部隊や企業に派遣される事が多くなっていた。あるボルシェビキはぼやく「消防ホースにならなければならないんだ」。しかし、大衆の街頭デモへの呼びかけは1日も止まなかった。

北島くにひこが特別出演!前進チャンネル第8回「豊洲移転反対! 小池倒せ」前進2855号(6/26付)

日刊レーニン54号(6月22日)

100年前の本日のレーニン。レーニンは「エスエルとメンシェビキは革命をどこへ導いたか?」を『プラウダ』に掲載した。「彼らは、革命を、帝国主義の従属へ導いた」「大衆は自分自身の経験で学びとるであろう」と、レーニンは18日のデモ総括を行い、ロシア軍の進撃に対して徹底的に批判を繰り返した。

 この間のレーニンは、18日のデモの結果についてボルシェビキ中央委員会の私的会議において総括し、『プラウダ』で宣伝するとともに、ボルシェビキ前線および後方軍事組織の全ロシア会議に出席して、現在の情勢についての報告と農業問題を議論した。レーニンは兵士の獲得に力を傾注する。