全学連からの韓国・民主労総への連帯メッセージ

連帯メッセージ

 

 パク・クネ政権の凶暴な弾圧と闘う民主労総の同志たちに、心からの連帯メッセージを送ります!

 われわれ全学連は今年も11月に動労千葉とともに訪韓し、全教組・公務員労組への弾圧に対して、「法外」になることすら辞さずに解雇者と労働組合の魂を守りぬく同志たちの闘いに強く感動しました。

 

日本では主流の労働組合が「労使協調」を掲げて闘いを放棄するなかで非正規職化が進められ、全国300万の学生は奴隷的な競争である「就職活動」に苦しめられ、高額の学費のもとで「奨学金」という名の借金に未来を奪われています。私たち全学連は、学生自治会を再建して大学から原発御用学者や資本家を追放し、キャンパスを学生の手に奪い返す闘いをしています。「大字報」で怒りの共有と連帯を求める韓国の学生・労働者のみなさんと、私たち日本の学生の思いはひとつです。

 

日本の安倍政権と同様に韓国のパク・クネ政権は、私たち青年・学生に何の未来も示すことができません。鉄道労組や全教組、公務員労組をはじめとした韓国の同志のみなさんの闘いこそが、未来を奪い返す展望をはっきりと示しています。日本中で、ひいては全世界で、新自由主義への怒りを燃やす膨大な青年・学生が同志のみなさんの闘いに思いをよせ、戦列に加わろうとしています。

全学連は、勝利のその日まで民主労総の同志の皆さんとともに闘います!

鉄道民営化阻止! 労働弾圧粉砕! パク・クネ政権打倒! 

 

 

20131226

全日本学生自治会総連合(全学連)

http://www.zengakuren.jp/wp/

韓国の学生からの手紙「日本の皆さん、お元気ですか?」

*久々に全学連国際部からのお知らせです:)

 KTX(韓国高速鉄道)民営化を狙うパク・クネ政権、そのもとでの大弾圧に対してゼネストを構えて闘う民主労総の仲間たちと連帯して、多くの学生たちがさまざまなかたちで闘いに立ちあがりはじめています。そのひとつが「大字報」といわれるもの(自分の主張を訴えかける壁新聞のようなもの)で、ソウル私立大の学生の試み(以下で前文を紹介)を突破口に、今や韓国社会において大きな運動として広まっています。

 以下の文章は、こうしたなかで韓国の大学生たちが世界各国にむけて作成したメッセージであり、「全世界の学生・労働者は団結しよう!」という連帯のよびかけです。このよびかけに応えて、日本からもどんどん発信していきましょう!

 取り急ぎ、転載します。

 

  Read More