全学連国際部からのおしらせ

    日々のキャンパスでのたたかいは、全国のみならず全世界の仲間のたたかいとつながっています。その実感が私たちにもっともっと力をくれる、という確信から、全学連国際部もウェブ上での発信を開始してゆくことにしました。どうぞチェックしてみてください!

◇ブラジル、サンジョゼドスカンポスの土地占拠闘争に警察部隊が襲撃 

(ILW-FIのサイト等より)

    サンパウロから100キロほど離れた工業都市・サンジョゼドスカンポスにある「ピネイリーニョ」といコミュニティに、現在国家権力と資本が一体となった攻撃がかけられています。絶対に許すことができません!
    ここはラテンアメリカにおける最大の土地占拠闘争の現場です。資本によって土地を奪われた「ホームレス労働者」とよばれる人びとが、2キロ四方に及ぶ巨大不動産投資家の土地を実力で占拠し、8年間にわたって生活してきたのです。2,000世帯の家族、あわせて9000人もの住民は電気や水道などのライフラインを整備し、コミュニティをつくって居住権をもかちとりながら生きぬくためにたたかってきました。2010年の6月に動労千葉や私たち全学連が訪問させてもらったときも、その共同体が住民の団結によって維持され守られていること、そして彼らがそのことに誇りをもっていることが伝わってきました。さらに、現地の労働組合が住民とかたい信頼関係をつくり、共闘していることも非常に印象的でした。

資本による虐殺は絶対に許せない!
    このピネイリーニョに対し、警察の急襲は1月5日の早朝、でっちあげの令状を用いた捜索から始まりました。そうした裏側で準備されていたのは、連邦裁判所の判事による、投資家の「土地の私有権回復」なる決定でした。しかしながら、実際にそこに住み、働き、コミュニティをつくってきた人びとを紙切れ一枚の決定でたたき出すなど、絶対にあってはならないことです。さらに、サンパウロ州政府も判事も、大企業から多額の金銭を受け取っていることが暴露されています。

      

こうしたなかで本当に許しがたいことに、1月22日の早朝には、2000人もの機動隊がペッパー弾、催涙弾やゴム弾、さらには銃や戦車まで持ち出して襲撃をかけてくるに至りました。拘束者や死傷者の数は不明ですが、すでに7人以上の人びとが虐殺されたといわれています。

攻防のなかで住民の団結が拡大
    しかしこのような攻撃も、決して一方的に淡々と進められてきたわけではありませんでした。1月中旬には、住民の怒りと地区の労働組合との団結によって連邦裁判所に立ち退き命令を却下させ、警察部隊を追い返すという局面にまでいったんは持ちこんでいたのです。(写真は武装して機動隊の襲撃に備える住民)

 こうして培われてきた団結を基盤に、今回の機動隊の残虐さを目の当たりにして、近隣の住民も激しい弾圧を受けながら国家権力に対するたたかいにたちあがっています。とりわけピネイリーニョの正面に位置する地区では、襲撃から逃れてきた住民を受け入れるためのテントが設営されています。機動隊と激突したり警察車両に火を放ったりという暴動的なたたかいが、町全体に広がっているようです。

 国際連帯で新自由主義をうちやぶろう
    お互いの労働者大会に行き来するなど、動労千葉とも連帯してきた労働組合のナショナルセンター、CSPコンルータスはこのたたかいを全力で支持し、コミュニティの住民とともにピネイリーニョを守りぬくための行動を広く呼びかけています。とりわけ、この地区で労働者の強固な団結を組織している金属労組が先頭に立ち、住民と共闘しています。動労千葉も、州当局への抗議声明を大統領書記局はじめ当局に対してただちに叩きつけています。南米の地で新自由主義攻撃とたたかいぬくブラジルの労働者階級と連帯し、日本でのたたかいを広げてゆきましょう!

本日、動労千葉がストライキに突入!

法政大学の実質開講日である今日、キャンパスへの登場と並行して、全学連の代表団も動労千葉のストライキ支援行動に参加してきました♪

7時30分という早朝から、厳しい寒さにもかかわらず、京葉車両センターの門前には100人を超すであろう動労千葉組合員、支援の仲間が集まりました。集会の始めはやはりシュプレヒコールから。

全学連からは、東洋大学の戒能くんが発言。動労千葉の闘いが私たち学生の未来をも切り開く意義をもっていること、学生もキャンパスから学生自治会を復権する闘いに突入してゆくという決意が堂々と語られました。

時限ストにたちあがった京葉支部の青年労働者。ちょうど点呼を終えて作業に向かうセンター構内の青年労働者にむけての、渾身の訴えが圧巻でした。「労働者を守るのが労働組合じゃないのか!平成採のみんな、動労千葉に入っていっしょに闘おう!」

各支部の組合員の方々の訴えに続いて田中委員長が発言にたち、今回の一日勤の外注化攻撃が全面外注化への布石としてあることを弾劾、組合員が一丸となって闘えば絶対に止められると確信をもって訴えました。

 発言にたつ組合員の方々がみな「若い連中のためにも闘う」と、誇りをもって訴えていたのがとても印象的でした。労働者の闘いとかたく連帯し、この思いにこたえる闘いをキャンパスからつくっていきましょう!

2012年決戦始まる!

みなさん!
東洋大から2012年決戦の火蓋が切って落とされました!

1月7日、東洋大学で菊池透という御用学者のシンポジウムが行われました!

この人物は自治医科大学RIセンター管理主任であり、3・11後に「放射線量が100ミリシーベルト以下なら胎児でも安全」などと吹聴している札付きの極悪御用学者です!

このような御用学者による講演会など認められない!
東洋大生が怒りの弾劾行動に立ち上がりました!
1月6日にはシンポジウムの中止と東洋大の立場を明らかにすよう求める申し入れを行い、当日7日には門前でシンポジウム徹底弾劾のビラ撒き・情宣活動を行いました!

↓申入書

闘いは始まった!
2012年はキャンパスから反原発の大運動を巻き起こし、御用学者をたたき出して原発再稼働を阻止しよう!
新自由主義大学粉砕し、学生自治会を復権させよう!
法大闘争に勝利しよう!
福大生と団結し、3・11郡山反原発集会に集まろう!

2012年もよろしくお願いします!