さようなら原発12・10集会へ!

公式のポスターです

●日時  12月10日(土) 13:15オープニング・コンサート 13:30開会
     (40分程度の集会の後に、パレードを行います。)
●会場  東京・日比谷野外大音楽堂
東京都千代田区日比谷公園1-3
サイト http://hibiya-kokaido.com/
●交通  東京メトロ「霞ヶ関駅」(丸の内線・千代田線・日比谷線)徒歩5分
     都営地下鉄「内幸町駅」(三田線)徒歩5分
     JR「有楽町駅」(京浜東北線) 徒歩15分
●内容  オープニング・コンサート/PANTA(元・頭脳警察)
     内橋克人さん(呼びかけ人)
     鎌田 慧さん(呼びかけ人)
     福島からの参加者  ほか
●パレードコース(予定)
     日比谷公園→東京電力本社前→銀座→東京駅→常盤橋公園
●お願い お手製のプラカード、楽器、着ぐるみなど、
パレードを盛り上げるものを持ってきてください。
●主催  「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」
     電話 03―5289―8224(原水禁)
     サイト http://sayonara-nukes.org/

福島市にて細野豪志を徹底弾劾!!

 福島市内で3日間にわたって開催されているふくしま会議において、福大生と坂野陽平全学連書記長が環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力行政担当)細野豪志に対して原発絶対反対の怒りを叩きつけました。
11月12日福島大学構内において、ふくしま会議の分科会企画の一環として、福島大生が中心となって若者自身が福島の現実をはじめとするあらゆる問題について討論を行う「若者会議」が開催されていました。その最終盤、事前のなんの告知もなく突然細野が現れました。
細野登場と同時に突如として会場に退去押し寄せてきた報道陣におもねるようにして細野は会場の参加者に声をかけていました。それに対してまずは福島大生A君が決起。「毎日学生は勉強をしながらも放射能を浴びているんだ!」「福島出身だというだけで結婚が破談になった人もいるんだぞ!」これに続いて他の参加者からも「紙切れ一枚の健康調査なんてやめて欲しい」の声が。そしてさらにA君が「本当に原発は必要なのか。大学では原発に反対すると当局から弾圧される。原発に反対する大学は予算が削減されるとも聞く。」とつもりに積もった怒りを叩きつけた。それに対して細野は「反原発などあらゆる議論があったほうがいい。デモをやったらダメだということは、この日本においてはない。それは約束する」なるとんでもない返答が! では一体福大や法大の現実は何なのか!? 細野はさらなる追求を逃れるため、護衛で周りを固めつつその場を離れました。
主催者に促され、マイクをとった細野。「県外のみなさんには長い目で福島を見て欲しい。これからも福島に寄り添っていきたい。政府のことは批判的に見てもらって結構です」なる軽薄な発言に対して坂野全学連書記長が怒りの声を上げました。「再稼働をやめろ!」「再稼働の問題について答えろ! おかしいだろ!」細野は完全に茫然自失に陥り、会場からは拍手も起こりました。細野は「福島の方が再稼働の問題に関心をもっているのはよくわかった。福島の原発は廃炉に向かう。みなさんが関心をもっているのは福島のほかの原発だと思う。みなさんの心配もよくわかった。東京などで行動を起こされていることもしっかりと受け止める」などとお茶を濁し、主催者に連れられて足早にと会場の外に去っていきました。
この日の日中に細野は、福島第一原発に行きましたが、その意図するところは原発事故収束キャンペーンならびに原発安全キャンペーンであり、原発の再稼働です。今回の闘争は敵階級の意図を踏みしだき、福島大闘争勝利に向けての号砲としてありました。11・6集会の地平をもって福大生と全学連は、福大を不抜の拠点として打ち固め、全国学生の反原発闘争への総決起をつくりだす決意を固めています。2012年3・11を革命に向けての歴史的転換点にしよう! 残る11月~12月を組織、組織、組織の大決戦としてかちとろう!

11.6に参加する学生のメッセージ!

●首都圏学生A
なぜ、11.6に参加するのか? それは、労働者の団結が、私たちの未来にも直接関わってくるからです。現在、ギリシャに始まり、ヨーロッパ各国、また欧米、日本においても、資本主義社会は息詰まりを見せていますが、それらの問題を根本から覆せるのは、私たち労働者(また、労働者になるであろう私たち大学生)の団結なのです。11.6は、労働者と大学生が団結し、今の日本が抱えている矛盾や問題点に疑問を投げかけ、訴えかけていく闘いの日です。福島の人々が原発問題によって命の危機にさらされている。失業者が増え、以前よりも厳しい条件で働かざるを得ない人たちが増えている。これらの問題は、仕方なく起こったことではなく、意図して起こされてきたことでもあるのです。一人一人、現状に対する認識は異なると思いますが、あなたは今この社会に対してどう思いますか? 本当にこのままでいいのでしょうか?
11.6では、今の日本が抱える問題点を知り、それに対して問題意識を持った人々と出会うことができます。日比谷に行って、その雰囲気を見てみるだけでも、社会に対するあなたの見方が変わっていくと思います。
損得勘定で成り立ってきたこの社会。今、損か得かということを越えて、一度新しい社会についてみんなで考えてみませんか?
あなたのご参加を心からお待ちしております。

●首都圏学生B
1人の力は小さいけれど、1人の力がたくさん集まれば、とっても大きな力になります!!「私がやらなくても・・・」ではなくて、「私もやらなくては!」と思える人が増えるように、1人からでも頑張らなくてはいけないと思います。私も1人の大学生として、その使命を果たしたいです。

11.6日比谷へ!!

◆許すな再稼動! 子どもたちを放射能から守ろう! 11.6日比谷へ!
すべての原発ただちに止めよう! 民営化・外注化阻止、非正規職撤廃!
11.6全国労働者総決起集会
日時 11月6日(日) 正午
場所 東京・日比谷野外音楽堂
※午後3時半からデモ出発(東京電力前で抗議行動を予定)
☆原発とめて!非正規なくして!うちら99%で社会ひっくりかえそーぜ!!!若者大集会
11月6日(日)午前10時30分~ 日比谷野外音楽堂

◆11・2米オークランドでゼネスト!


「ウォール街を占拠せよ」運動がついにゼネストまで発展! その闘いをもって、アメリカ・ILWUローカル21の委員長も11.6日比谷に参加します! 世界で闘う仲間にこたえ、11.6日比谷に集まろう!
詳細はこちら!
http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/6585080.html

 

◆福島第一原発で臨界! 玄海原発、再稼動を許すな!
11月1日の検査で、なんと福島第一原発2号機が「臨界」している可能性があると報道されています。これまでも何度も臨界にいたり放射能がばら撒かれており、核爆発の可能性さえあります。「冷温停止」「安全」「収束」といったキャンペーンのすべてが大ウソだったことが明らかになりました。
こんな状況の中、11月1日に玄海原発4号機が再稼動! しかも、「地元の合意は必要ない」!? 本当に許せません! しかし、12月には定期点検に入ることが決まっており、1ヶ月あまりしか稼動できません。それにもかかわらず強行したのは、再稼動が行き詰まり追い詰められた野田政権が巻き返そうとしているからです。11.6の大デモでその策動を打ち破り、今すぐ原発を廃炉に!