再稼動阻止! 全学連大会から9.11デモへ!

◆「子どもたちをこれ以上被爆させるな!」 8/25対政府交渉
 8月25日、子どもたちを放射能から守る福島ネットワークなどが呼びかけ、対政府交渉が行われました。しかし、政府の対応は本当に不誠実そのものです。
 食品の規制値を、年間ではなく「生涯100mSv」を基準にするという政府案に対し、「100mSvを一年で被爆しても同じというのか」という問いには「違うことは立証できない」と開き直る。さらには「500mSvを超えても影響がなかったというデータもある」「広島・長崎でも100mSv以下の影響は認められなった」とまで。実際には10mSvでも影響が出ており、「被爆者への冒涜だ!」「いったいどれほどの子どもをがんや白血病で冒すつもりなのか!」と怒りがたたきつけられました。文科省の基準について、「子ども達を守るため、学校外も含めて年間1mSv以下を基準にすべき」という訴えにも、「文科省が管轄するのは学校内の対応だけ」ととりあいもしません。
 被爆の影響がたいしたことがないかのようなウソをつき、福島の人たちへ被爆を強制し、避難もさせない。この怒りも、子ども達を守りたいという思いも、福島県民の生活や命も切り捨てて、さらに再稼動に向かって進もうとしています。絶対に許せません! 全学連大会−9.11デモで再稼動を阻止し、福島切捨ても、原発もとめましょう!

◆9.11反原発全国一斉アクション 再稼動阻止の新宿デモへ!
 泊原発が再稼動され、8月30日に菅首相が退陣、前原や海江田といった原発推進・再稼動派が次期代表に立候補し、「年内再稼動」にむけて動き出そうとしています。この9月の闘いは、再稼動を阻止し原発を廃止する上で本当に重要になっています。
 「すべての原発いますぐなくそう! 全国会議(NAZEN)」が9.11デモのチラシを作っています! 「原発停止か、再稼動か、判決の日」
→ビラのデータは全学連HP(http://www.zengakuren.jp/)にもあります

◆全学連第72回定期全国大会
全学連大会に向け、斉藤郁真 法政大学文化連盟委員長、坂野陽平 全学連委員長代行から「今こそ学生が立つべき時が来た」「フクシマの怒りと一つになろう」とアピールされています!
「再稼動」阻止! 「御用学者」追放! 学生の力で原発なくそう!
詳しくはこちら→ http://www.zengakuren.jp/wp/?p=1987
 学生こそフクシマの怒りに応え、大学から反原発で立ち上がろう! 原発に反対の学生、大学の腐敗に怒りを感じる学生は、全員9月9日、10日の全学連大会に集まろう!
【スローガン】
◇全原発の停止・廃炉!
◇「教育の民営化」と対決し、学生自治会を甦らせよう!
【日時】 9月9日(金)〜10 日(土) 9日午前9時半開会
【会場】 9月9日文京区民センター 9月10日浜町区民館

フクシマ切捨てを許すな! 明日の対政府交渉に集まろう!

◆フクシマの怒りを、政府に叩き付けに8/25対政府交渉へ!
 今行われようとしてることは、政府による福島の切捨てそのものです! 「安全」キャンペーンでもって、「危険ではないか」と言ったり、子どもを病院に連れて行くことさえ犯罪者扱いされる状況を作り、避難もさせない。その一方では、最大で508mSvという値が検出され、立ち入り禁止措置が「数十年続く」とさえいわれています。「すぐに帰れる」ようなキャンペーンから一転、原発から3km圏を国有化、さらに放射性廃棄物の保管所にする可能性さえ報道されています。もう二度と人間が住むこともできない地に福島がされようとしてます。そもそも、菅政権は福島を汚染土壌やがれきの仮置き場にすると宣言し、完全に福島を切り捨てようとしてます。その中で、さらに原発を再稼動させようとしている。こんなことは絶対に許されません!
 この政府への怒りをもって福島の方がメッセージを送ってくれています。

 福島の労働者、渡辺馨さんのメッセージ
 「今日は仕事で飯舘、南相馬に行って来ました。前に見た飯舘の牛はさらに痩せ細って頑張っていました。ポニーは居なくなってしまった。人は誰もいません。原発の被害は拡大する一方です!政府は3km圏を国有化すると発表した。最終処分場にしようとしています。どこまでも棄民政策です。すべての原発なくせ!でしょ」

 この怒りを福島の人たちと共に政府に突きつけよう!

◆対政府交渉 子どもたちを守れ!〜食の安全と「避難の権利」確立を
 日時:2011年8月25日(木)9:30〜14:00 
 場所:参議院議員会館 101会議室 (東京都千代田区永田町1-7-1)

◆反原発署名学生実行委員会に集まろう!

◆9.11反原発全国一斉アクション 再稼動阻止の新宿デモへ!
 泊原発が、北海道の人たち7割の反対をおしきって再稼動されました。さらに、8月30日に菅首相が退陣すると発表され、前原や海江田といった原発推進・再稼動派が次期代表に立候補していますこれから一気に再稼動に向けた動きが始まっていこうとしている中、この9月の闘いは、再稼動を阻止し原発を廃止する上で本当に重要になっています。9月11日、原発廃止か再稼動かをかけ、全国一斉のデモに立ち上がろう!
 「すべての原発いますぐなくそう! 全国会議(NAZEN)」が9.11デモのチラシを作っています! 「原発停止か、再稼動か、判決の日」
→ビラのデータは全学連HP(http://www.zengakuren.jp/)にもあります

◆全学連第72回定期全国大会
 福島の子ども達を守るために立ち上がった佐藤幸子さんは、安全キャンペーンを大学教授が先頭に立って担っていることへの怒り、学生の原発反対、そして大学を取り戻す闘いへの大きな期待を語ってくださいました。学生こそ福島の思いに本当に応え、大学キャンパスから行動しよう! 原発反対の闘いも、大学を取り戻す闘いも、学生が先頭で行動にたとう! 原発に反対の学生、大学の腐敗に怒りを感じる学生は、全員9月9日、10日の全学連大会に集まろう!
【スローガン】
◇全原発の停止・廃炉!
◇「教育の民営化」と対決し、学生自治会を甦らせよう!
【日時】 9月9日(金)〜10 日(土) 9日午前9時半開会
【会場】 9月9日文京区民センター 9月10日浜町区民館

全国から全学連大会に集まろう①

8月25日は、17日の対政府交渉に続き、フクシマの方々が政府への交渉を行います。

そして、9月9日-10日は全学連大会へ!

◆対政府交渉 子どもたちを守れ!~食の安全と「避難の権利」確立を
日時:2011年8月25日(木)9:30~14:00
場所:参議院議員会館 101会議室 (東京都千代田区永田町1-7-1)

“全国から全学連大会に集まろう①” の続きを読む