沖縄闘争報告その1

沖縄闘争に初参加して

東京 青羽玲音

 沖縄闘争に初参加しました。みなさんご存知のとおり、現在の沖縄では辺野古新基地建設が焦点化しています。

 基地負担を沖縄ばかりに押し付ける政府のやり方はまったく信じられないものがあります。第二次世界大戦の折、沖縄では熾烈な地上戦が展開されて多数の労働者人民が犠牲となりました。海軍中将・大田実が「県民斯ク戦ヘリ。県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と電報を打ったことは有名なエピソードですが、日本帝国主義と昭和天皇ヒロヒトは「国体護持」のために沖縄を売り渡しました。そしてそれは基地の固定化とセットであったエセ「返還」の後、現在においても全く変わっていないのです!

 私たちは今回の沖縄闘争で辺野古の工事ゲート前で座り込みに決起し、午前の搬入を完全粉砕しました。基地建設の為には10tトラックにして350万台分の土砂を搬入する必要があると言います。たとえ1分1秒であろうと、搬入を実力で阻止することは必ず勝利に繋がります。意義ある闘いを展開することができました。

  Read More

斎藤いくまさん逮捕弾劾!!

弾劾声明全日本学生自治会総連合(全学連)の前中央執行委員長である斎藤郁真さんが5月7日深夜、京都府警によって「建造物侵入」の容疑で不当にも逮捕されました。私たちはこの不当逮捕を徹底的に弾劾します。

 斎藤さんの逮捕容疑は、「昨年7月12日に京都大学構内に侵入した」というものです。京大では当時、全学自治会同学会がその中央執行委員会予備選挙を実施中であり、斎藤さんをはじめとする全国の学生有志は、同学会運営の手伝い(ビラまきや選挙事務のサポート等)を行っていました。このことを「建造物侵入」という犯罪に仕立て上げようとする警察および警察と結託した京大当局のあり方は、全学連として到底容認できるものではありません。
Read More

広島大学新歓報告

広島大学では4月11日に京大同学会安田委員長による「京大タテカン戦争1周年」講演会、24日には池内了名古屋大名誉教授を招いての「大学と軍事研究」講演会、この2つの企画を行いました。
 これらは、広大当局による自治会潰しと対決する中でうちぬいた企画です。入学式等で新入生に対し広大当局が「自治会は大学と関係ない団体」なる虚偽と悪宣伝をふりまくところからはじまり、大学職員によって掲示板にはりだした企画ビラが勝手にはがされ、昼休みのビラまきも「お前は大学にいらない」などと大声で恫喝しながら妨害される、かつてない弾圧が行われました。こうした弾圧にも関わらず、企画を担う仲間たちは団結をより強化し、企画への新入生の参加を勝ち取りました。自治会が上のような悪宣伝をされていることも知っての参加です。
Read More