日刊レーニン85号(9月21日)

100 年前の本日。民主主義会議は拡大議長団会議の決定を賛成多数で承認した。そして、新たな代表機関を「予備会議」と命名し、そこに民主主義会議の全権限を移した。民主主義会議の各グループにその構成員 15 %、全部で 350 議席を与え、有産階級に120 議席を与えた。さらに政府がカザークに 20 議席を与えた。予備会議は8月半ばにモスクワで開かれた国家会議の焼き直しにすぎなかった。
ボルシェビキの中で直ちに、予備会議に参加すべきか否かをめぐって激しい論争が展開された。本日の中央委員会では、予備議会のボイコット案をめぐって賛成9、反対8の半々に割れたため、最終決定を中央委員会、ペトログラート委員会、民主主義会議代表団からなる党協議会に持ち越された。

日刊レーニン84号(9月20日)

100 年前の本日。民主主義会議は、拡大議長団会議を開き、民主主義会議から代表機関を選び―しかも有産階級を加えてー、この代表機関が政府樹立問題を扱うことを決定した。 民主主義会議とは、社会協調派指導部が労兵ソビエト中央執行委員会、全国農民ソビエト執行委員会の合同会議で作った会議だった。
民主主義会議には全国からあるゆる種類の「民主」団体、すなわちゼムストヴォ(地方自治体議会)労兵農ソビエト、軍隊、土地委員会、県執行委員会、民族団体、鉄道員などの代表、計 1755人が集められた。エスエル、メンシェビキが多数を占めた。この民主主義会議は 14 日から開かれていた。この民主主義会議が、なんとしてもソビエト権力樹立を阻止するために、ブルジョアジーの権力を樹立しようとしていたのだ。
またこの日、ボルシェビキの中央委員会は会合を開いたが、もはやレーニンの手紙は問題になり得なかった。
実はその時、レーニンはすでにフィンランドからヴィボルグ地区に隠れ家を移していた。レーニンは、武装蜂起の準備を指示した手紙がないがしろにされた事を知った。「これだけは許せない」と中央委員会に従わないことを決めた。レーニンは、4月テーゼの時のようにまたもや党の再武装に取り掛かろうとしていた。

日刊レーニン83号(9月15日)

100年前の本日。ボルシェビキ中央委員会が行われた。全員で16名。武装蜂起の準備を指示したレーニンの手紙が議題に上がった。スターリンが手紙を読み上げた。中央委員会は「武装蜂起」という不意打ちを食らって狼狽した。 カーメネフはレーニンの呼びかけに断固拒否するよう提案した。これにブハーリン、ノギーン、ルイコフなどが続いた。また、スヴェルドロフ、スターリン、ジェルジンスキーなどは、レーニンの呼びかけに正面から反対しなかったが、レーニンの提案に賛成して蜂起を準備しようとしたわけではなかった。トロツキーは武装蜂起は必要であるが、まだその時期ではないと考えていた。
レーニンの意向に反して、手紙を各地区の組織にも伝えることの是非は、次の会議に持ち越された。カーメネフは元の2通以外は破棄するという提案を出し、それは6対4票、棄権6で可決された。そのレーニンの手紙は焼却された。

日刊レーニン82号(9月14日)

100 年前の本日のレーニン。レーニンは、フィンランドからロシアの情勢を注意深く見ていた。「時期は来た」と思った。 12 日から本日までボルシェビキ中央委員会に手紙を書き、「ボルシェビキは、両首都の労働者・兵士代表ソビエトで多数を占めたので、国家権力をその手に掌握することができるし、また掌握しなければならない。…『蜂起はひとつの技術である』というマルクスの言葉を思い起こし、考え抜かなければならない」と武装蜂起を日程にのぼらせることを指示した。 同時に、ボルシェビキの日刊紙である『ラボーチー・プーチ』には、レーニンの『革命の一根本問題』が掲載された。

レーニンはエス・エルやメンシェビキを徹底的に批判し、ソビエトが権力を取らなければならないことを主張する。「信念の乏しい者は、この歴史上の実例にまなぶが良い。『われわれは、不可避的にブルジョアジーの擁護に傾かざるをえない古い機構にかわる機構を持たない』と言うものは、恥じるがよい。なぜなら、この機構は存在しているからである。ソビエトがそれである。大衆の創意と自主活動を恐れるな。大衆の革命的組織を信頼せよ。そうすれば、コルニーロフ陰謀に反対する団結と激発となって現れた、労働者と農民のあの力、偉大さ、無敵の威力が、国家生活のすべての分野に見出されるであろう。」(『革命の一根本問題』)

ソビエトが権力をとって労働者、兵士が本当に社会を担えるのか?―この疑問を持ち、蜂起への不安を持っていたのは、実はエス・エルやメンシェビキだけではなかった。それは…。

日刊レーニン81号(9月10日)

    100 年前の本日のレーニンは、フィンランドの隠れ家で『さしせまる破局、それとどうたたかうか』を執筆していた。ロシアを破局から防ぐためには革命的な方策が必要であり、そうした方策は社会主義に進む以外にないことを鮮明にさせるためだ。 一方、首都のペトログラートは完全に政治地図が塗り変わった。昨日のペトログラート・ソビエト総会ではボルシェビキの優位が確定した歴史的な会議となった。ソビエト政権を要求し、社会協調派が支配する幹部会に対する不信と幹部会改選を賛成 519 、反対 444 、棄権 67 で決議した。予想を超えたボルシェビキの勝利だった。首都のソビエトはボルシェビキの指導下に入った。

    また、本日はエスエルのペトログラート市協議会で左派が市委員会を独占した。メンシェビキはボルシェビキに入党する党員の急増でやせ細り、残った部分は国際派に掌握された。

全学連大会感想④(首都圏学生C)

セクト系とされる学生団体の「大会」と聴くといいイメージがないのは私だけではないと思います。活動家学生ばっかりの大会だとわけのわからん空理空論の神学論争が繰り広げられてわけがわからないし、かといって一般学生を相手にした大会であったらともすれば大会決議に政治的主張をいれていても提起ではさらっと流してそのまま決を採るようなものもある。どちらにせよなんの意義があるのかよくわからない。その点今回参加させていただいた白ヘルの皆さんの全学連大会はよくバランスがとれていて、ずぶの素人の私も楽しく参加できました。執行部からの提起や各大学の活動家からの報告は、実際に学生と相対する立場での実践に裏打ちされた小さな窓から、理論につらぬかれた大きな景色が見えるようなものでした。とりわけ京都大学の諸活動家からの報告には、一般学生と活動家学生ないしは活動家集団という主体と主体のぶつかり合いの苦闘と、それをのりこえる展望とがしっかりと示されていて、非常に刺激的なものでした。

ところで、参加する前から全学連の姿勢の(いい意味での)「軟化」に驚いています。以前の全学連の発言には自分たちの潮流以外の学生自治組織ないし学生運動をあたかも存在しないかのように扱ったものもあったと思いますが、今年の大会ではかかわりのないだろう自治会(民青全学連も!)にまで招請をしていましたし、(他の方の感想文にも出ていますが)実際に潮流外の学生自治団体からの参加があったことはびっくりです。今おそらく唯一目立った活動をしちる学生運動組織である全学連が、こうして運動のすそ野を広げていっている事実はまさしく目を見張るべきことであるし見習うべきものがあると感じ入っています。

さて、全国の学生が共通してされされている問題ないし「攻撃」については再三とりあげられ、それにたいする大きな景色としての大学ストライキ路線が示されましたが、そこへ向けて如何に全国の学生を具体的に方向づけていくのかという議論が思ったほど多くはありませんでした。これは全学連大会で話すような性質ではない議題だったのかもしれませんが、これはすこし気になりました。活動家の皆さんは当然思想を同じくしているからこのように集まって同じ大きな景色を見ているわけだけれども、それをどのようにアウトリーチしていくのか。小さな窓から入っていくしかないにしても、大会での報告を聴いていてもあるいは私の実感からしても、西日本の学生と東京近郊の学生とが置かれている状況だって著しく異なる部分があるわけですが、それをどう乗り越えていくのか。当然、方針のひとつとして掲げられた「過渡的スローガン」が窓から景色への方向づけであることは重々わかってはいるのですが、それをどう運動のない大学や運動を知らない学生に展開して、学生運動という代物にいかに巻き込んでいくのかというところは是非議論したかったところです。

ともかく、私のように運動や組織のない場所にいる孤立した浅はかな活動家未満の左翼かぶれ学生、にわか共産主義者(あるいは趣味者?)にとっては、白ヘル全学連の皆さんはひとつの指針であるし見本です。ここから一年、この運動が、ひいては学生運動全体が爆発するように、私も共に奮闘していけたらと思います。

全学連大会感想③全学連書記長・安田(京都大)

歴史を動かすものは何か?それは力である。これは何も過去の話ではない。戦争と民営化の唯一の障壁となってきたのは現場とかい離した国会の茶番などではなく妥協しない労働組合・学生自治会の身体を張った闘いである。

国家・資本のおぞましい暴力を受け、労働者階級の死活をかけた闘争は敗北主義と偽善的平和主義の冒涜にさらされることになった。それでも食い下がろうとする勇士は、資本の鎖に容赦なく縛り付けられた。

私の学生運動への本格的な決起は、このような現実に直面し、運動を拡大できずにいた京大同学会に活を入れるところから始まった。今や運動をけん引する立場にある私は、1人、また1人と鎖を壊して立ち上がった新たな先駆者を支え団結を深めることにも力を注がなければならない。

全学連大会では時代認識から具体的方針に至るまで会場全体を巻き込んだ大激論となったが、理論的蓄積も運動の経験も約1年分しかない私にとっては、どの発言も刺激的で重要なものであった。これから改憲阻止決戦・プロレタリア革命の最前線に立つと思うと身体が震えるが、団結と確信の力でやり遂げたい。